小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/エボラ出血熱で西アフリカ諸国を支援

ファーストリテイリングは11月25日、エボラ出血熱の感染が拡大する西アフリカ諸国において直接的・間接的に影響を受ける子どもたちの支援のため1000万円の寄付を行うと発表した。

グローバルアライアンスを結ぶUNICEF(国際連合児童基金)の呼びかけに応じたもので、UNICEFによると、エボラ出血熱の感染拡大が最も深刻な西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国で、感染や流行の危険がある地域に暮らす5歳以下の子どもは250万人に上り、このうち、少なくとも3700人(11月9日現在)がエボラ出血熱によって両親または一方の親を失っている。

1000万円の寄付金は、感染予防のためのあらゆる活動や感染した子どもの治療支援のほか、親や支えを失った子どもたちの保護と心のケアなどに活用される。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧