小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

プレナス/3~5月は売上高17.5%増、営業利益31.5%増

プレナスが7月9日に発表した2013年2月期第1四半期決算は、売上高350億2500万円(前年同期比17.5%増)、営業利益15億5400万円(31.5%増)、経常利益16億5100万円(21.9%増)、当期利益8億9900万円(前期は2億6600万円の当期損失)となった。

商品力の強化を図ると共に、引き続き店舗のQSC(品質、接客、清潔感)向上に努めた。出店余地が大きい近畿・東海エリアを中心に新規出店を32店、退店を11店行い、店舗数は2803店となった。

既存店売上高が昨年度の震災の影響による消費の冷え込みから回復したことに加えて、新規出店により店舗数が増加したため、増収となった。

営業利益、経常利益は、仕入れコストの増加等があったものの、売上高の増加により増益となった。当期利益は、前年同期に資産除去債務に関する会計基準の適用に伴う特別損失を計上したこともあり、大幅な増加となった。

通期は、売上高1448億円、営業利益78億円、経常利益80億円、当期利益41億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧