小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イトーヨーカ堂/3~8月は売上高2.3%減、営業利益88.0%減

セブン&アイ・ホールディングスが10月4日に発表した2013年2月期第2四半期決算補足資料によると、イトーヨーカ堂の売上高にあたる営業収益は6572億600万円(前年同期比2.3%減)、営業利益7億2800万円(88.0%減)となった。

衣料品分野では、前年猛暑の反動はあったものの、「L&B.GALLORIA(ギャローリア)」等婦人衣料を中心としたプライベートブランド商品が好調に推移した。

食品を中心とした頻度品は、主に前年発生した東日本大震災後に伴う需要の高まりの反動減により、既存店売上高伸び率は前年割れとなった。国内店舗数は174店、商品粗利率は29.5%。

通期は、営業収益1兆3470億円、営業利益70億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧