小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/8月期は売上高13.2%増、営業利益8.7%増

ファーストリテイリングが10月11日に発表した2012年8月期決算は、売上高9286億6900万円(前年同期比13.2%増)、営業利益1264億5000万円(8.7%増)、経常利益1252億1200万円(16.9%増)、当期利益716億5400万円(31.8%増)となった。

国内ユニクロ事業の売上高は6200億円(3.3%増)、営業利益は1023億円(3.6%減)と増収減益となった。期末店舗数は845店(フランチャイズ店21店含む)となった。

9月~11月は秋冬商品の動きが鈍く販売は苦戦したが、12月以降はヒートテック、ウルトラライトダウン、暖パンなど冬のコア商品の販売が好調だった。一方、下期は春物販売が不振だったことに加え、7月中旬まで天候不順の影響による夏物販売本格化が遅れた。

海外ユニクロ事業の売上高は1531億円(63.4%増)、営業利益109億円(22.9%増)と、大幅な増収増益を達成した。特にアジア地区では積極的な出店により業績を拡大した。

海外ユニクロ事業の店舗数は292店で、111店舗増。特に中国・香港、韓国、台湾で大量出店を行い、これらのエリアでの出店数は合計100店舗となった。2011年9月にはタイ1号店、2012年6月にはフィリピンに1号店をオープンした。アジア地区では、2011年秋にはソウル、台北にグローバル旗艦店をオープンした。

米国では、2011年10月に、グローバル旗艦店「ニューヨーク5番街店」と、メガストア「ニューヨーク34丁目店」をオープンした。しかし、NYの3店舗の売上が伸びず、ブランドビルディングの為、ニューヨークの旗艦店中心に先行投資を行った結果、米国ユニクロは、赤字を計上した。

欧州では、英国、フランス、ロシアの経営統合を図るなどの事業改革を進めたが、英国事業は赤字、フランスは若干の減益となった。ロシアは収益性が改善し、黒字を達成した。

来期は、売上高1兆560億円、営業利益1435億円、経常利益1425億円、当期利益845億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧