小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ミスターマックス/4~9月の営業利益85.4%減

ミスターマックスが10月24日に発表した2013年3月期第2四半期決算は、売上高539億5500万円(前年同期比0.2%増)、営業利益6400万円(85.4%減)、経常利益1億1300万円(79.5%減)、当期利益6100万円(83.6%減)となった。

売上高は、前期中に開店した3店が寄与し増収となった。地上デジタル放送移行の反動によりテレビやレコーダーが売上げを落としたが、低価格戦略を強化した飲料・加工食品などの食品部門、洗剤などのHBC(Health and Beauty Care)部門が売上げを伸ばした。

収益面は、物流費や広告宣伝費の削減、売上高に応じた人件費のコントロールなど経費節減に取り組み、販売費・一般管理費は131億7000万円(0.6%減)となったが、低価格戦略の強化によって売上総利益率が0.9ポイント低下したことなどにより、減益となった。

通期は、売上高1123億円、営業利益9億2000万円、経常利益10億5000万円、当期利益5億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧