小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ミスターマックス/3月期は売上高0.8%減、営業利益38.5%減

ミスターマックスが5月9日に発表した2013年3月期決算は、売上高1061億7000万円(前年同期比0.8%減)、営業利益1億1700万円(38.5%減)、経常利益2億3800万円(39.3%減)、当期利益2億5600万円(22.1%減)となった。

商品政策において、「価値ある安さ」を提供するべく、特に購買頻度の高い、普段の暮らしに直結する商品について、年間を通じて低価格を実現する取り組みを強化した。

買い物の利便性を高めるため、取扱い商品の幅を広げる取り組みも行なった。薬事法改正以降医薬品の導入を拡げており、医薬品取扱店舗は5店増加し、35店となった。

店舗設備面では、環境保護や節電に協力するという観点から、既存店の店舗設備の省エネ改修を進め、5店を改修した。

来期は、売上高1110億3000万円、営業利益9億円、経常利益10億円、当期利益5億3000万円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧