小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マックスバリュ西日本/3~5月は売上高645億円、営業損失1400万円

マックスバリュ西日本が7月3日に発表した2014年2月期第1四半期決算は、売上高645億6700万円、営業損失1400万円、経常利益2800万円、当期損失1億3500万円となった。

イオンのブランド「トップバリュ商品」の拡大、週単位で季節催事や行事に合わせたお買い得品の展開、お客さま感謝デー、マックスデー、ザ・ビッグデー、お客さまわくわくデー、火曜市・水曜市などの主力セールスの強化に取り組んだ。

愛媛県西条市において、マックスバリュ西条大町店を開店。一方、マックスバリュ網干南店(兵庫県姫路市)を店舗建て替え(スクラップ&ビルド)により閉店した。

前事業年度に中華人民共和国に設立した子会社「永旺美思佰楽(青島)商業有限公司(マックスバリュ青島)」は現在、青島市において第1号店の開店に向け、準備を進めている。

通期は、売上高2690億円、営業利益65億円、経常利益66億円、当期利益26億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧