小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マックスバリュ西日本/3~11月は売上高1975億円、営業利益18億円

マックスバリュ西日本が1月8日に発表した2014年2月期第3四半期決算は、売上高1975億2500万円、営業利益18億1500万円、経常利益19億6400万円、当期利益3億1900万円となった。

依然として価格志向が強い反面、シニア層を中心に付加価値型商品へのニーズが高まるなど二極化の進展を受けて、トップバリュの品そろえの拡大を図った。

上期に開設した4店舗に加え、9月にはスクラップ&ビルドとしてマックスバリュ網干南店(兵庫県姫路市)、11月にはマックスバリュ西条神拝店(愛媛県西条市)とイオンリテールから店舗継承を受けたザ・ビッグ安岡店(山口県下関市・旧イオン安岡店)を開設し新店舗の開設数は7店となった。

通期は、売上高2690億円、営業利益65億円、経常利益66億円、当期利益26億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧