小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/9~11月は売上高22%増、海外が大幅増

ファーストリテイリングが1月9日に発表した2015年8月期第1四半期決算は、売上高3890億5200万円(前年同期比22.3%増)、営業利益640億3200万円(13.1%増)、経常利益686億7200万円(14.9%増)、当期利益418億4800万円(8.8%増)となった。

国内ユニクロ事業の売上高は2084億円(1.8%増)、営業利益は424億円(6.2%増)と増収増益となった。11月末のフランチャイズ店19店を除く直営店舗数が837店となり、5店舗増えたこと、スクラップ&ビルドによる店舗の大型化により、売上高は増収となった。

海外ユニクロ事業の売上高は1140億円(76.8%増)、営業利益は165億円(97.0%増)と、計画を上回る大幅な増収増益を達成した。

特に中華圏(中国・香港・台湾)、韓国、米国、欧州の業績が好調で、計画を上回った。中国、韓国、米国では積極的な出店が進み、11月末の海外ユニクロ事業全体の店舗数は512店、66店増となった。

通期は、売上高1兆3220億円、営業利益1560億円、経常利益1550億円、当期利益920億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧