小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

オンワードHD/3~5月は売上高1.7%増、営業利益8.9%減

オンワードホールディングスが7月4日に発表した2015年2月期第1四半期決算は、売上高735億6100万円(前年同期比1.7%増)、営業利益59億6300万円(8.9%減)、経常利益58億700万円(19.2%減)、当期利益35億2800万円(8.1%減)となった。

海外事業とも選択と集中を更に進め、基幹事業と主力ブランドへ必要な投資を行い、安定的で収益性の高い事業の拡大と今後成長が見込める分野や市場に向けた新規ビジネスの開発を進めた。

国内事業は、オンワード樫山を中心に顧客視点による質の高い商品・環境・サービスの追求を更に推進したことにより、主力ブランドは計画どおりの業績となった。

海外事業は、欧州地区の業績改善が第2四半期以降に見込まれ、アジア地区の回復が予想以上に遅れていることから厳しい業績となった。

通期は、売上高2907億円、営業利益123億円、経常利益137億円、当期利益54億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧