小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コジマ/基幹ネットワークインフラを再構築

アイティフォーは7月18日、家電量販店コジマの基幹ネットワークのインフラ構築を行い、今年1月より稼働を開始し、通信コストの4割削減に成功したと発表した。

全国208店舗と本社、データセンターなど全拠点のネットワークインフラを、冗長化を含めて再構築したもの。回線サービスの見直しも合わせて行い、通信コストの削減に成功した。

あわせてネットワークインフラとして現在注目を浴びている3G回線をバックアップ回線に採用し、常時接続とすることで障害時の信頼性を大幅に向上させた。

再構築では最新のVPNサービスである「フレッツ・VPNワイド」を中心としたネットワーク構成とした。

VPN(Virtual Private Network)は、公衆回線をあたかも専用回線のように利用できるサービスで、専用回線に比べ安価に利用できるという特長を持つ。この回線見直しにより、メイン回線の通信コストを4割削減した。

フレッツ・VPNワイドと全拠点を結ぶバックアップ回線には、受信時最大7.2Mbpsの高速通信が可能な3G回線を採用。ワイヤレスの特長を生かし、改装時の暫定利用や催事場への一時的なPOSレジの設置にも利用可能となっている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧