小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

銀座三越/リストバンドを活用した訪日外国人のおもてなし実験

銀座三越は2月18日~22日、訪日外国人向けにNFC内臓リストバンドを配布し、買い物が楽に、楽しく、もっと買いたくなる多言語情報提供サービスの実証実験を行う。

<リストバンド読み込みイメージ>
リストバンド読み込みイメージ

自動認識技術を提供するサトーの機器を活用した実験。訪日外国人から入手した情報(国籍、性別、買いたいものなど)から、お薦め商品を多言語で紹介し、その売り場まで案内する仕組み。NFCリストバンドを端末にかざすだけで、サービス情報が得られる。

実証実験は経済産業省「平成26年度電子経済産業省構築事業(ID連携ト ラストフレームワークの試験プラットフォームを活用したビジネスモデルの実証 事業)」のビジネスモデルコンテストにサトーの企画案が採択され実施するもの。

訪日外国人の本人確認は、宿泊施設のチェックイン、免税品の購入、通信機器のレンタルなど様々な場面で個別に実施されており、煩雑なエントリー作業の発生、本人確認待ち時間の長時間化等の課題に加え、事業者(店舗等)の負荷にもなっている。

これらを解決するために、サトーは一度登録したID情報を共通で用いることで宿泊、移動、食事、観光、買い物などさまざまなタッチポイントで最適な情報を訪日外国人、事業者の両者へ提供するサービスを目指す。

また、訪日外国人の動線や嗜好を掴むためのログデータ活用もできるという。

関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧