小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コジマ/10月の売上高19.1%減、テレビ45.3%減

コジマ(2012年3月期売上高:3703億円)が発表した10月の月次売上速報によると、全店売上高は前年同月比19.1%減となった。

依然として前年7月24日の地デジ移行に伴う駆け込み需要の反動減が続き、テレビ・レコーダーなどの映像商品は前年比で16.6%~29.2%と低調に推移した。

携帯電話は売場改装の効果もあって携帯本体、アクセサリーともに好調な推移。パソコンは、Windows8の発売日(10月26日)以降は堅調な動きとなったものの、発売前の買い控えの影響によって月間では前年を下回る結果となりましたった。

テレビ、レコーダーは、高付加価値商品の拡販等によって販売単価は下げ止まりの傾向がみられるものの、地デジ移行に伴う反動減によって販売数量が低迷し、売上高は低調な推移となった。

LED照明などの省エネ商品は、継続して実施している販売強化施策によって好調な推移となった。

商品別では、テレビ(45.3%減)、ブルーレイ・DVD(44.2%減)、エアコン(16.1%減)、パソコン(21.1%減)、携帯電話(11.1%増)、洗濯機(15.8%減)、冷蔵庫(9.8%減)だった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧