小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本百貨店協会/10月の売上2.4%減の4955億円

日本百貨店協会が発表した10月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象86社・249店舗)の売上総額は約4955億円(前年同月比2.4%減)となり、6か月連続のマイナスとなった。

6か月連続の前年同月比マイナスであるが、休日が2日減少(前年同月比で日曜・土曜各1日減)したことを勘案すれば、ほぼ前年並みに推移したと分析できる。

10月は中旬まで全国的に気温の高い日が続いた影響で、重衣料を中心とした主力の衣料品が低調に推移したほか、前述の休日減などの影響から入店客数も伸び悩んだ。

月の後半からは気温低下に伴い秋冬物衣料が盛り返したほか、前月同様、改装による新ブランド効果が背景にある化粧品のほか、高級時計や宝飾品等の高額商材も引き続き堅調であったが、10月の商況全体を押し上げるまでには至らなかった。

地区別では、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡の10都市売上動向は1.7%減で2か月ぶりのマイナス。

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の地区別売上動向は3.6%減で7か月連続のマイナスとなった。

衣料品・身のまわり品・雑貨・家庭用品・食料品の主要5品目では、7月以来3か月ぶりに全品目がマイナスとなった。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧