小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

J.フロントリテイリング/10月の連結売上は11.1%減

J.フロントリテイリング(2013年2月期売上高:1兆927億円)が発表した10月の連結売上は前年同月比11.1%減となった。

セグメント別では、百貨店業は3.8%減、パルコ事業は5.9%減、卸売業は3.5%増、クレジット事業は12.1%増、その他事業は4.7%減だった。

10月度の百貨店事業の売上高は、美術宝飾品が大きく売上を伸ばし、ラグジュアリーブランドも堅調であったものの、月初の関西・中部地区を中心とした高気温により秋冬物ファッションの動きが鈍かったことに、台風によるマイナス影響もあった。

パルコ事業では、身回品、雑貨、サービス、食品・レストランは好調に推移するも、上旬に気温が高めに推移したことや、台風の上陸、接近などにより、アウター、ブーツ、ニットなどを含めた秋冬物ファッションの動きが鈍かった。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧