小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

J.フロントリテイリング/3月の連結売上は28.9%増

J.フロントリテイリング(2014年2月期売上高:1兆1463億円)が発表した3月の連結売上は前年同月比28.9%増となった。

セグメント別では、百貨店業は33.1%増、パルコ事業は12.1%増、卸売業は2.5%増、クレジット事業は44.5%増、その他事業は73.5%増だった。

3月度の百貨店事業の売上高は、消費増税を控え、時計宝飾品が前年の約3倍、ラグジュアリーブランド、化粧品が約7割増となるなど大幅に売上を伸ばし、肌着や保存食品も月末が近づくにつれて売上が加速するなど、すべての商品分野が好調に推移した。

パルコ事業は、消費増税を控え、バック、アクセサリー、化粧品、時計などの身回品のほか、家電、インテリア、家具など家庭用品の売上が大幅に伸長したことに加え、衣料品でもスプリングコート、ジャケット、スーツ、ドレスなど比較的高単価のアイテムが売上をけん引した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧