小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

J.フロントリテイリング/7月の連結売上は2.2%減

J.フロントリテイリング(2014年2月期売上高:1兆1463億円)が発表した7月の連結売上は前年同月比2.2%減となった。

セグメント別では、百貨店業は3.1%減、パルコ事業は1.9%減、卸売業は14.1%減、クレジット事業は18.2%増、その他事業は17.8%増だった。

百貨店事業は、前年より梅雨明けが遅れたことによる降雨日数増や台風の影響により、月前半のクリアランスセールは低調に推移したものの、中旬以降衣料品を中心に売上が顕著に回復した。

パルコ事業は、月前半のセールは苦戦したものの、中旬以降は、カフェなどの飲食が猛暑による影響で好調だったほか、秋色夏素材商品を始めとする衣料品を中心に売上が前年を上回る基調で推移した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧