小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本百貨店協会/3月の売上19.7%減の5441億円

日本百貨店協会が発表した3月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象82社・239店)の売上総額は約5441億円(前年同月比19.7%減)となり、2か月ぶりのマイナスとなった。

3月は、昨年の駆け込み需要による高伸(25.4%増)の反動減と、休日が前年比2日減の影響もあり、19.7%減と大きく減少した。しかしながら、特殊要因を除く一昨年との対比では0.6%増を確保した。

全地区で2ケタ減となったが、好天に恵まれたことに加え、反動減対策の催事が好調だったことやインバウンド効果などにより、東京、大阪のほか、札幌、名古屋、福岡など主要都市では、一昨年対比でプラスを記録することができた。

地区別では、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡の10都市売上動向は19.9%減で2か月ぶりのマイナス。

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の地区別売上動向は19.3%減で12か月連続のマイナスとなった。

衣料品・身のまわり品・雑貨・家庭用品・食料品の主要5品目では、昨年10月以来5か月ぶりに全品目がマイナスとなった。また、駆け込み需要の反動から、6月以来9か月ぶりに、その他の品目もマイナスとなった。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧