小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/ベトナム2号店、来春着工

イオンは8月1日、ベトナム社会主義共和国ビンズオン省人民委員会から、2号店の投資ライセンスを取得し、出店に向け店舗概要が決定したと発表した。

<予想図>

ビンズオン省は、ベトナム南部の最大都市ホーチミン市から北へ20kmに位置する、人口約160万人を擁する省。ベトナム南部経済重点地区のひとつであり、ホーチミン市に次ぐ第2の都市という。

「イオンビンズオンキャナリーショッピングセンター(仮称)」の計画地は、ビンズオン省都であるトゥヤモット市(Thu Dau Mot)より南7kmのトゥンアン郡(Thuan An)に位置する。

周辺エリアは、ベトナム・シンガポール工業団地を中心に、複合開発プロジェクトが進み、今後の発展が期待されるエリア。

3月から、ベトナムでの事業展開を加速するため「AEON VIETNAM CO.,LTD」(イオンベトナム)を設立し、ベトナムでのSC・GMSの1号店となる「イオンタンフーセラドンショッピングセンター(SC)」の2014年の開業に向けて準備を進めている。

計画概要
所在地:ビンズオン省トゥンアン郡ビンホア区
敷地面積:62,015㎡
駐車台数:約1,300台
専門店数:約180店舗
着工予定:2013年度上期
開店予定:2014年度

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧