小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブックオフ/新宿西口に旗艦店オープン

ブックオフコーポレーションは5月31日、東京都新宿区に「BOOKOFF新宿駅西口店」をオープンした。

<BOOKOFF新宿駅西口店>

新宿駅西口徒歩2分の立地にある地上11階~地下3階建ての商業ビルの4~6階に278坪の「BOOKOFF新宿駅西口店」を出店するもの。本、CD、DVD、ゲーム、携帯電話などを販売、在庫数は約25万点をそろえた。

<売れ筋の文庫本コーナー>

同社は、2012年7月に新宿駅東口徒歩3分の立地に311坪の大型店「BOOKOFF新宿駅東口店」を出店し、好調な業績という。

<コミックコーナー>

新宿駅は乗降客数が日本一のため、東西に商圏があると判断し、初めて駅前に複数の大型店を出店した。

<近隣店舗を案内するポスター>

新宿駅東西に約300坪の大型店を構えることで、新宿でのBOOKOFFの認知度の向上と、各店舗の相互送客を期待する。店内には、周辺店舗の案内も掲示し、近隣店舗への送客を促す工夫をした。

<洋書も展開>

新宿東口店では、足元商圏のお客ではなく、通勤・通学客の利用が多い。都心部でブックオフの認知度を高めることで、住宅街がある鉄道沿線の店舗への送客効果があったという。

<雑誌コーナー>

これまで、郊外の居ぬき物件を中心に大型店を出店していたが、都心型大型店舗の出店により、郊外店舗への送客効果も期待できるという。

<プレイステイション用ゲームソフトコーナー>

通常のブックオフは、足元商圏を中心に買取・販売を行うが、都心型大型店舗は買取量が少ない傾向がある。郊外店舗での買取は段ボールでの持ち込みもあるが、都心型店舗では数冊単位での持ち込みが多い。通常のブックオフでは、店頭販売8割程度を店頭買取商品で占めるが、都心型は店頭買取商品の比率が5割程度だという。

<レジでは出張買取を案内>

出張買取サービスも実施しているため、レジでは出張買取ができるエリアの案内も掲示し、商品買取サービスをアピールする。

<CDの対面に音楽雑誌を配置>

都心型店舗では、オフィスの昼休みなどの利用も多いため、通常店舗よりもさらに迅速なサービスが求めれる。買取、販売ともに待ち時間を少なくする必要があるため、人員配置を厚くし、5分程度の待ち時間になるように努めている。平均買上点数は3冊程度で、都心・郊外共にあまり変化はないという。

<携帯電話コーナー>

<DVDコーナー>

<ブルーレイコーナー>

書籍以外では、CD・DVDといった音楽・映像ソフト、テレビゲームや携帯ゲーム、携帯電話なども販売する。

店頭にない商品の問い合わせについては、オンラインショップのブックオフオンラインを案内することで、リアル店舗とネット店舗の相互利用を促進しているという。

都心部では大型店舗を出店できる物件が限られているが、既存の郊外店舗への送客効果もあるため、引き続き、出店を検討していく予定だ。

店舗概要
所在地:東京都新宿区1-10-2「110ビル」4F・5F・6F
売場面積:278坪(919.0㎡)
営業時間:11時~23時

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧