小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ミニストップ/カザフスタンから撤退

ミニストップは6月23日、カザフスタン共和国で展開するコンビニエンス事業を終了させると発表した。

2012年3月に、ミニストップは、センコー、カザフスタン共和国のRTS,LLPと共同で、合弁会社RTS-MS社を設立。

同年6月に、合弁会社とエリアフランチャイズ契約を締結し、2013年1月にアルマティに1号店を出店した。5月末現在では、7店を展開している。

同国で実施されたカザフスタンテンゲ切り下げなどの外部環境変化にともなうRTS,LLPの本業への経営資源集中の意向を受け、今後のRTS-MS社のあり方について協議を進めていた。

ミニストップとしては海外事業を再編し、イオングループのアジアシフトと主軸をあわせることで国内外におけるミニストップ事業の成長戦略を加速させ、企業価値を高めることが最善であるとの結論に至った。

保有するRTS-MS社の全株式を売却し、カザフスタン事業から撤退を決定する。また、センコーも、保有するRTS-MS社の株式売却に同意したという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧