小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ミスターマックス/全店で銀聯カード、新韓カードの取扱開始

ミスターマックスは11月12日、全店で銀聯カード、新韓カードによる決済サービスを開始した。

これまで、訪日外国人向けの免税販売対応店舗(現在9店)で、訪日中国人・韓国人のお客の利便性を高める目的で、「銀聯カード」「新韓カード」の決済サービスを導入していた。

その中で、免税手続きの有無に関わらず両カードの使用率が増加していること、免税販売非対応店舗のお客からも要望があることから、この度、免税販売対応をしていない51店にも両カードによる決済サービスを導入した。

ミスターマックスの店舗の65%を占める九州地区においては、地理的な条件の優位性から、訪日外国人観光客の半数以上が、中国人・韓国人観光客と言われている。

「銀聯カード」は、中国人民銀行主導で2002年に設立された決済ネットワークで、発行枚数は42億枚以上。世界142か国での決済が可能なカードであり、訪日観光客の30%以上が決済方法として利用している。

「新韓カード」は、韓国のカード会社が発行するもので、韓国国内でのカード使用の65%を占める国民的なカード。韓国政府の政策により「利用額20%の所得控除」や「宝くじ購入権利」が付与されるなど、利用促進が図られているという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧