小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

クオール/ビックカメラ、JR西日本とのコラボ店舗が好調

クオールが11月17日に発表した2016年3月期第2四半期決算によると、ビックカメラとJR西日本グループといった異業種とコラボレーションした店舗が好調となっている。

ビックカメラでは4店を展開、受付枚数は前年同期比22.0%増、調剤報酬は27.1%となった。

有楽町は、受付枚数11.8%増、調剤報酬15.5%増で、応需医療機関数が約4800。新宿(ビックロ)は、受付枚数26.1%増、調剤報酬34.5%増で、展開フロアを地下に移転した効果が大きく、引き続き処方せんが拡大した。

名古屋は受付枚数24.9%増、調剤報酬19.2%増で、OTCの売上が29.0%増と堅調に推移した。札幌は、受付枚数35.2%増、調剤報酬59.4%増で、展開フロアを2階に移転した効果で、受付枚数・調剤報酬が大幅に増加した。

ビックカメラのバックアップ体制もあり、面処方薬局としての存在感が確立してきたという。

JR西日本グループでは、JR大阪駅、JR新大阪駅、JR尼崎駅と3店を展開。受付枚数は108.8%増、調剤報酬は129.6%増、OTCは232.9%増。

大阪駅は、受付枚数13.6%増、調剤報酬31.8%増、OTC25.2%増で、応需医療機関数は約2200となった。

調剤+ドラッグストアの集客力、認知度向上による処方せん応需枚数の増加のほか、健康フェアなどJR西日本グループによる積極的なバックアップの効果があったという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧