小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ぐるなび、三井住友カード/飲食店向けの決済機能強化で協業

ぐるなび、Square(スクエア)、三井住友カードは8月22日、全国のぐるなび加盟店のうち約1万店が利用する「ぐるなびPRO認証システム」の決済機能の強化を目的とした協業を開始すると発表した。

従来「ぐるなびPRO認証システム」設置店舗がクレジットカードと電子マネー(一部を除く)での決済を受け付けるには、「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスと、クレジットカードと電子マネー決済用の専用端末がそれぞれ必要だった。

今回の協業によりぐるなび加盟店は「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスで、「ぐるなび」のポイントサービス利用に加え、クレジットカードや電子マネーの決済方法に対応することが可能になった。クレジットカード決済は2013年8月から、電子マネー決済は今年度中の開始を予定する。

現在、クレジットカードと電子マネーの利用は一般化され、あらゆる会計シーンで見られるようになっているが、飲食業界では、4割~5割がクレジット決済未導入、9割以上が電子マネー未導入となっている。

今回の協業により、全国約13万7000店の加盟飲食店に対し、「ぐるなびPRO認証システム」を利用したクレジットカード、電子マネー決済の導入提案を行い、ぐるなび加盟店とお客の利便性を向上させ、さらなる集客支援を目指すという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧