小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/GAP、H&M出身者を執行役員に起用

ファーストリテイリングは1月9日、経営体制の強化と事業拡大を目指し、新たに4人のグループ執行役員人事を実施した。

4人はいずれも、GAP、H&M、ウォルマート、Banana Republicなどでの職務経歴を持つ。

柳井正代表取締役会長兼社長は、「事業が急速に拡大しているユニクロにとって、各々の分野で素晴らしい実績と経験を持ったメンバーを経営チームに迎え、グローバルでの更なる成長に向けて大きな力を発揮してもらえるのは、大きな喜びです」とコメントしている。

■執行役員の略歴
リアン・ニールズ(LeAnn Nealz)
ユニクロ チーフ クリエイティブ オフィサー(グローバルデザイン担当)
約20年の間に、Calvin Klein、Banana Republic、Theory、GAPでデザインの経験を積んだ後、American Eagle Outfittersでエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフデザインオフィサー、Juicy Coutureではプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサーを歴任した。

ニールズは、ニューヨークを主な拠点としながら、東京とニューヨークのデザインチームを統括する。

ジョン・フレミング(John Fleming)
ユニクロ Eコマース グローバル CEO
Target Corporationの百貨店部門で20年間、多岐に渡る分野でマーチャンダイジングを経験。その後、Wal-MartStores,Inc.のEコマース事業であるWalmart.comで、チーフマーチャント、チーフオペレーティングオフィサー、チーフエグゼクティブオフィサーを歴任し、Eコマース事業を主導した。その後、Wal-MartStores,Inc.のエクゼクティブバイスプレジデント兼チーフマーチャンダイジングオフィサーとして、商品、サービス、Eコマース事業を統括した。

フレミングは、ユニクロ Eコマース事業のグローバルの責任者として、サンフランシスコを拠点とし、Eコマースビジネスを推進する。

スティーブン・セア(Steven Sare)
ユニクロUSA チーフ マーチャンダイジング オフィサー
Banana Republicのマーチャンダイジングや事業開発、Pacific Sunwear of California,Inc.の一部門で、マーチャンダイジング、デザイン、生産管理のチームを牽引するなど、20年以上米国のアパレル業界に携わる。直近では、Express,Inc.のシニア バイス プレジデント兼ジェネラルマーチャンダイジング マネジャーを歴任した。

セアは、ユニクロUSAのチーフ マーチャンダイジングオフィサーとして、ニューヨークを拠点とし、米国のマーチャンダイジングを統括する。

ヨルゲン・アンダーソン(Jorgen Andersson)
ユニクロ 共同 チーフ マーケティング グローバルオフィサー
約30年間アパレル業界に携わり、Hennes&Mauritz(H&M)メンズのグローバルチーフプロダクトオフィサー、H&M SwitzerlandのCEO、H&Mブランドのチーフマーケティングオフィサー、新規ビジネス責任者を歴任した。直近では、Esprit Holdings Limitedで、グローバルブランドや新規ビジネスディレクターとして活躍した。

アンダーソンは、1月13日にユニクロの共同 チーフ マーケティング グローバル オフィサーに就任する予定。ロンドンと東京を拠点とし、ユニクロのマーケティング事業を統括する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧