小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブックオフ/ハードオフとのFC加盟契約を解約し特別損失3億円

ブックオフコーポレーションとハードオフコーポレーションは2月17日、連結子会社のB&Hが締結するハードオフとのフランチャイズ加盟契約を解約すると発表した。

B&Hとハードオフは「HARD OFFフランチャイズ加盟契約」10件を締結している。今回、B&Hからの申し入れにより、B&H、ハードオフで協議し、円満に契約を解約することに合意したもの。

解約にあたり、B&Hはハードオフに対して、解決金として1契約あたり3000万円、合計3億円を支払う。B&Hは2015年3月期に、3億円を特別損失を計上する。

ハードオフは、B&Hとブックオフが契約終了後に「HARDOFF」店舗で取り扱う商品について、B&Hとブックオフが営む店舗で引き続き取り扱うことを承認し、B&Hが競業禁止義務を負わないことを確認し、営業差止請求・損害賠償などの金銭を請求しない。

B&Hとブックオフは、引き続き、自社のリユース業である「BOOKOFF」ブランドの下で、独自に中古家電などのリユース業を展開する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧