小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

西武池袋/婦人カシミヤセーター4.2倍の売れ行き

そごう・西武は、西武池袋本店の婦人カシミヤセーターの販売動向を発表した。

同社によると、「9月11日~17日の7日間で、昨年の10月16日~31日・16日間の売上の4.2倍と、驚異的な売上を獲得した」(同社)。

西武池袋本店では全店に先駆け、昨年より約1月早い9月11日、世界でもトップクラスの品質を誇る「アラシャンカシミヤ」を投入。婦人ベーシックニットを28色、17型、税込10,500円~15,750円で展開。

すべて家庭での洗濯機洗いが可能、と取り扱いやすさも兼ね備え商品を投入した。例年、10月以降にニーズが高まる商品だが、9月からのいち早い展開で反響があったという。

購買動向では、大半のお客さまが2~3枚の複数購入。価格が手ごろなこともあり、1人で5~6枚購入するケースもある。売筋はカーディガンで、さし色として使えるきれいな色、ローズピンクが一番人気となった。家庭の洗濯機で洗えるイージーケアも購入を後押しているという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧