小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

流通経済研究所/消費税率引き上げに勝つためのセミナー

流通経済研究所は12月20日、「消費税率引き上げに勝つためのセミナー -駆け込み需要を十分捉え、反動減発生時期を乗り切って勝つ-」を開催する。

食品と日用品を中心に、1997年4月の消費税率引き上げ前後の家計調査と、GMS/SMのPOSデータを分析し、その時期の消費にどのような変化が生じていたかを把握したうえで、来年4月の税率引き上げ前後に何をすべきか検討する。

1997年4月前後のPOSデータを保管している企業はほとんどなく、増税前後の実態を認識するための、貴重な情報を得る機会といえる。

内容は、流通経済研究所理事で拓殖大学教授の根本重之氏が家計調査データを用いて基本的な方針を示したのち、研究員がPOSデータの分析結果を報告し、最後に根本氏が総括をする。

■開催概要
日時:2013年12月20日(金)13:00~17:00
会場:JA共済ビルカンファレンスセンター
東京都千代田区平河町2-7-9 東京メトロ永田町駅徒歩2分
受講料:一人35,000円(税込価格36,750円)
参加対象者:メーカー、卸売業、小売業、外食産業、物流業
上記以外の業種の方の申込みは、お受けできない場合がある

■詳細・申し込み
http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_131220.html

■プログラム
(1)13:00~14:00 
消費税率引き上げを乗り切るための4つの基本認識と10の提案
~1997年の家計調査月次データ分析に基づく検討と提案~
-消費税率引き上げに関する4つの基本認識
-消費税率引き上げを乗り切るための10の提案
流通経済研究所 理事/拓殖大学 教授 
根本重之

(2)14:15~15:45 
POSデータ分析に基づく需要獲得戦略~消費税率引上げ前後に何を売るべきか~
-駆け込み需要と反動減の発生状況
-特徴的な動きを示したカテゴリーではどのような商品が売れていたのか
-家計調査とPOSデータによる検討結果に差異が生じたカテゴリーに関する分析
流通経済研究所 
研究員 松本敬介

(3)16:00~16:50 
POSデータ分析に基づく消費税率引き上げ時期の価格戦略
-3月の駆け込み需要発生期の価格戦略はどうすべきか
-4月以降の反動減発生時期の価格戦略はどうすべきか
流通経済研究所 
研究員 木島豊希

(4)16:50~17:00 
まとめ:消費税率引き上げに勝ち、その次のレースを目指す
流通経済研究所 理事/拓殖大学 教授 
根本重之

関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧