小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

銀座三越/紳士・リビング売場でもバレンタイン訴求

銀座三越は1月28日~2月14日、「GINZA Sweets Collection 2015」を開催する。

8階催事会場、9階銀座テラスに新規17ブランドを含む約70ブランドを集積した。

<GINZA Sweets Collection 2015>
GINZA Sweets Collection 2015

チョコレートだけでなく、チョコレートが苦手なパートナーに向け、チョコレート以外の商品を贈るニーズにも対応。紳士では、1600万画素の鮮明なプリントをしたマカロン柄のボクサーパンツとマカロンを展開した。

<マカロン柄のボクサーパンツ>
マカロン柄のボクサーパンツ

<紳士のフレグランス提案>
紳士のフレグランス提案

女性が男性に求める理想のイメージとして、頼りになる「トラスト」、かっこいい「スマート」、優しい「ジェントル」の3つの軸で、フレグランス商品を集積。静けさのある夜の川をイメージした香り、みずみずしい若葉をイメージした香りなど、2人で楽しめる香りを9つのシーン別に提案した。

<包丁の提案>
包丁の提案

リビング キッチンでは、バレンタインにあわせて包丁を提案。包丁はかつては、「縁を切る」イメージから贈り物には使用しなかったが、欧米では「未来を切り開く」という意味があり、2人の未来を切り開く意味を込め、バレンタインでも訴求する。

<アロマオイル&ディフューザー>
アロマオイル&ディフューザー

リビング リラックスタイムでは、バレンタイン限定のアロマオイル&ディフューザーを販売。チョコレートのような形の炭のディフューザーと、天然のカカオオイルにオレンジの香りをアクセントにしたエッセンシャルオイルを提案する。

<マックスブレナー>
マックスブレナー

8階の催事会場では、表参道で人気のチョコレート専門店「マックスブレナー」が出店。定番のチョコの販売のほか、チョコレートチャンクピザのイートインコーナーを展開する。

<ベルギーチョコ>
ベルギーチョコ

毎年、銀座三越のバレンタインでは、生産国別売上構成比で、ベルギー産チョコレートシェアが高いため、日本初登場のベルギー産チョコレート8種類を集めた「ベルギーセレクションボックス」(500点限定・3240円)を投入した。

銀座三越では、訪日外国人向けの免税品売上が2014年4月~9月で前年比70%増、免税品目が食品などにも拡大した10月以降は150%増で推移しており、バレンタイン商戦でも、外国人観光客の需要が期待できるという。

<バレンタイン専用の配送カウンター>
バレンタイン専用の配送カウンター

9階にはバレンタイン専用の配送カウンターを設置し、商品購入後のサービスも拡充した。そのほか、スイーツデザインラボが展開するプレミアムポップコーン「バタープレミアム」が期間限定で出店し、贈答だけでなく、自分で楽しむスイーツの提案も強化した。

<バタープレミアム>
バタープレミアム

<商品の一例>
商品の一例

バレンタインは、女性から男性に商品を贈る慣習だが、最近は、女性同士や家族にも感謝の気持ちを伝えるイベントになっているという。誰かに物を贈るギフト商戦の一つとして、チョコレートに限らず、さまざまな切り口と商品を提案していきたいという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧