小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブルーボトルコーヒー/清澄白河に日本1号店

アメリカのコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」を展開するブルーボトルコーヒージャパンは2月6日、東京都江東区に「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」をオープンした。

<ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ>
ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ

日本初出店で、海外初出店の店舗。ブルーボトルコーヒーは、2002年にジェームス・フリーマンによって創設され、現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルスの3都市圏で16店を展開する。

<商品の一例>
商品の一例

「コーヒー生豆は厳しく選別され、カフェで販売する豆は、焙煎されてから48時間以内の豆のみを店頭に並べる。カフェオープンにあたっては、まずロースタリー(焙煎所)を設け、焙煎したてのコーヒーが配送可能な範囲にのみカフェをつくることで、お客に新鮮なコーヒーを提供することを実現する」(同社)。

清澄白河店は、倉庫を改装し、1階部分に焙煎所とカフェ、2階部分にはキッチンとトレーニングラボ、オフィススペースを併設した。

焙煎スペースには、焙煎機を設置し、各地から届いた豆を毎日焙煎する。カフェスペースにはエスプレッソドリンクとハンドドリップでコーヒーを提供するバーカウンターのほかに、8席のカフェスペースを併設した。

カフェでは2階のキッチンで手作りするペイストリーも販売し、アメリカで提供する美味しさをそのまま再現したクッキーやグラノーラなどを販売する。

<ドリンクの一例>
ドリンクの一例

主なドリンクは、シングルオリジンドリップコーヒー、エスプレッソ、マキアート、カプチーノ、モカ、アイスラテ、ホットチョコレートで、450円~600円で販売。

<ペイストリーの一例>
ペイストリーの一例

主なペイストリーは、グラノーラ、ダブルチョコレートクッキー、リエージュワッフル、バックルケーキ、セサミ アブセンス シガー、チーズとサラミのサンドイッチなどで、250円~600円で販売する。

コーヒー豆は200g1500円から販売し、ブレンド、シングルオリジン、エスプレッソ、希少種など常時10種類前後をそろえる。そのほか、清澄白河限定のオリジナルマグカップやスターターキットなどオリジナルグッズを販売する。

日本進出にあたっては、アメリカのスタッフ数人が日本に移り住み準備を行ったという。3月には、南青山に2号店のカフェをオープンする。

<青山店のイメージ>
青山店のイメージ

そのほか、春には代官山のTARTINE BAKERY&CAFE(タルティーン・ベーカリー&カフェ)内に3号店として、キヨスクタイプのコーヒースタンド店をオープンする予定だ。

<コーヒースタンドのイメージ>
コーヒースタンドのイメージ

創業者のジェームス・フリーマン氏は「日本初上陸の場所としては、清澄白河はユニークに映るかもしれませんが、生産拠点として最高の場所です。清澄白河にはゆったりとした空気が空気漂っていて、地元の人たちの日々の営みの場でもあります。2号店の青山は非常に洗練された場所で、清澄白河とはまた違ったブルーボトルコーヒーの一面をお見せできることと思います。東京の多彩な顔を反映した、この2つの異なる店舗をオープンすることを大変嬉しく思います」とコメントしている。

<ジェームス・フリーマン氏>
ジェームス・フリーマン氏

店舗概要
所在地:東京都江東区平野1-4-8
TEL:03-3641-0882
営業時間:8時~19時
店休日:年中無休
店舗面積:60㎡(カフェエリア)、181㎡(焙煎エリア)
カフェ席数:8席

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧