小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ビックカメラ/渋谷東口店

ビックカメラは2月5日、ビックカメラ渋谷東口店をリニューアルオープンした。

<ビックカメラ渋谷東口店>
ビックカメラ渋谷東口店

1月28日には、別館をオープンし、売場面積は本館1900㎡に別館1200㎡を加え、約1.6倍の合計3100㎡に拡大。別館のオープンに伴い渋谷東口店本館もリニューアルしたもの。

<別館を設置>
別館を設置

これまで渋谷東口店になかった、お客から要望の高い商品やサービスを導入したのが特徴。別館には、2階にスポーツコーナーを導入し、ゴルフ用品、自転車、フィットネス用品を販売する。

<別館2階入口>
別館2階入口

ゴルフ用品では、PINGフィッテングスタジオを設置するほか、プロゴルファーが週5日間常駐し、最適なゴルフ用品選びをサポートする。

<ゴルフ用品コーナー>
ゴルフ用品コーナー

<PINGフィッテングスタジオ>
PINGフィッテングスタジオ

自転車は、電動アシスト自転車やスポーツバイクなど自転車約170台のほか、修理パーツ、アクセサリーなど幅広い品ぞろえとした。

<自転車コーナー>
自転車コーナー

別館2階のApple製品修理サービスカウンターは、ビックカメラで最大の規模。1階には、Apple Shopを導入し、渋谷地区に多いアップルユーザーのニーズに対応する。

修理サービスカウンターには3人の専任スタッフを配置。iPhoneについては、店頭での即日修理を行う。そのほかの製品も、店頭で症状検証を行い、数日内で速やかな修理対応を行う。

<Apple製品修理サービスカウンター>
Apple製品修理サービスカウンター

Apple Shopも渋谷最大級の規模で、最新のApple製品を販売する。製品を熟知した専任スタッフが、さまざまなデモンストレーションを随時行い、Apple製品をわかりやすく紹介する。

<Apple Shop>
Apple Shop

別館の1階には、スマートフォン関連コーナーを大幅に拡大し、スマートフォンアクセサリーの品ぞろえを約3倍にした。

<スマートフォンコーナー>
スマートフォンコーナー

<スマートフォンアクセサリー>
スマートフォンアクセサリー

スマートフォンでは、ウェアラブルコーナーを2倍に拡大し、スマートフォンと連動する活動量計を集積した。スマートフォンを活用した健康管理やフィットネスなどを提案する。

<ウェアラブルコーナー>
ウェアラブルコーナー

スマートフォンでは3大キャリアに対応するカウンターに加え、最近、利用者が拡大している格安スマートフォン向けの「BIC SIMカウンター」も設置した。

BIC SIMは、インターネットイニシアティブと協力して開発した、音声通話機能付のオリジナルSIMカードで、格安スマホを即日利用したいというニーズに対応する。

<BIC SIMカウンター>
BIC SIMカウンター

本館4階には、ファミリー層から要望が強かったおもちゃコーナーを導入。子どもの成長に役立つ知育玩具や、レゴブロック、大人も楽しめるナノブロックやプラモデルなどを販売。子ども連れのお客も楽しめる店舗を目指した。

<おもちゃコーナー>
おもちゃコーナー

渋谷は、訪日外国人の来店も多いため、1階にはドラッグコーナーとビューティー家電コーナーを設置。訪日外国人に人気の高い商品を集積することで、免税売上の拡大を目指す。

<ドラッグコーナー>
ドラッグコーナー

<ビューティー家電コーナー>
ビューティー家電コーナー

渋谷はスタジオやカメラマン養成の専門学校が多いことから、本館2階をカメラのフロアとした。要望が多い、プロ用のカメラ機材を中心に品そろえを拡充した。

<一眼レフカメラコーナー>
一眼レフカメラコーナー

年々増加する「カメラ女子」のお客も気軽に立ち寄れるよう、コーナーをおしゃれな雑貨屋のように装飾し、可愛いアルバムや写真立て、カメラバック、ストラップ、デコレーション用のマスキングテープなどの品ぞろえを拡充した。

<雑貨店のような内装のBIC PHOTO>
雑貨店のような内装のBIC PHOTO

<旅ガールをテーマにカメラを訴求>
旅ガールをテーマにカメラを訴求

カメラでも、体に身に着けて撮影できるウェアラブルカメラコーナーを展開。実際に自転車やスキーなどを楽しみながら、撮影した迫力ある画像を放映し、新たなカメラの楽しみ方を提案する。

<ウェアラブルカメラコーナー>
ウェアラブルカメラコーナー

ビックカメラでは初めて、小型リモコンヘリコプターのドローンを集積したコーナーを導入。ドローンは、簡単に空撮ができる機材で、ドローンで撮影した動画を放映し、空撮の楽しみを提案する。

<ドローンコーナー>
ドローンコーナー

3階の入口には、テレビコーナーを配置。テレビの買い替えに伴い4K対応テレビを求める人が増えたことに対応し、大画面の4Kテレビを集積した専門コーナーを設置した。

<4Kテレビを集積>
4Kテレビを集積

渋谷には、音楽にこだわりのあるお客が多いことから、ヘッドホンの品そろえを3倍に拡大した。音質にこだわるお客が多く、ブランド別に商品説明を求めるお客も多いことから、きちんと商品説明できる販売員を配置した。

<ヘッドフォンコーナー>
ヘッドフォンコーナー

実際に商品を体験できるように、視聴できる商品も増やし、専門的な品そろえを打ち出した。

<ヘッドフォンの視聴も充実>
ヘッドフォンの視聴も充実

ヘッドフォンだけでなく、イヤホンの品ぞろえも充実させ、スマートフォンなどの端末で気軽に音楽を楽しむニーズに対応した。

<イヤホンコーナー>
イヤホンコーナー

3階では、スーツケースの品ぞろえも拡大した。大容量サイズや静音キャスター搭載モデルなどを中心に100種類以上の商品を集めた。

<スーツケースコーナー>
スーツケースコーナー

4階には、生活家電のほか、ゲーム、映像ソフト、メガネ・コンタクトを展開。家電以外の商品も豊富に展開し、総合小売の要素を打ち出した。

<洗濯機コーナー>
洗濯機コーナー

<ゲームコーナー>
ゲームコーナー

<メガネ・コンタクトコーナー>
メガネ・コンタクトコーナー

5階にはラッピングカウンターを配置し、ギフト需要にも対応する。ビックカメラオリジナルの包装紙のほか、ギフトボックスなども用意し、専任のスタッフがラッピングに対応する。

<ラッピングカウンター>
ラッピングカウンター

眞木内隆店長は「30代~50代のお客さんが中心となるが、改装により家族連れや外国人のお客が増えている。新たに導入したおもちゃやスポーツ用品による集客も期待できるため、新規顧客を獲得しを客数を拡大していきたい」と語った。

<眞木内店長>
眞木内店長

店舗概要
店舗名称:ビックカメラ渋谷東口店本館
住所:東京都渋谷区1-24-12
営業時間:午前10:00~午後10:00
売場面積:約1900㎡
フロア:1階~5階

店舗名称:ビックカメラ渋谷東口店別館
住所:東京都渋谷区1-24-10
営業時間:午前10:00~午後10:00
売場面積:約1200㎡
フロア:1階~2階

<別館にはセブン銀行のATMも配置>
別館にはセブン銀行のATMも配置

<パソコン修理対応のサービスサポートを配置>
パソコン修理対応のサービスサポートを配置

<文房具売場>
文房具売場

<書籍も販売>
書籍も販売

<ゴルフシューズも豊富に展開>
ゴルフシューズも豊富に展開

<プリンターコーナー>
プリンターコーナー

<インクコーナー>
インクコーナー

<パソコンコーナー>
パソコンコーナー

<スマホ・携帯の相談コーナー>
スマホ・携帯の相談コーナー

<Apple Shopの隣にiPhone6のスマホアクセサリーを集積>
Apple Shopの隣にiPhone6のスマホアクセサリーを集積

<本館1階の入口>
本館1階の入口

<クスリコーナー>
クスリコーナー

<日用雑貨コーナー>
日用雑貨コーナー

<カメラの三脚も豊富に展開>
カメラの三脚も豊富に展開

<天体望遠鏡>
天体望遠鏡

<ペットにもウェアラブルカメラを装着>
ペットにもウェアラブルカメラを装着

<ウェアラブルカメラの一例>
ウェアラブルカメラの一例

<アルバム、額縁も専門店の品ぞろえ>
アルバム、額縁も専門店の品ぞろえ

<時計コーナー>
時計コーナー

<調理家電>
調理家電

<掃除機コーナーの床はじゅうたんを敷き体験可能に>
掃除機コーナーの床はじゅうたんを敷き体験可能に

<ロボット掃除機の実演>
ロボット掃除機の実演

<アイロンコーナー>
アイロンコーナー

<温水便座のディスプレイ>
温水便座のディスプレイ

<本館の正面入口>
20150206biccamera56

関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧