小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マヨルカ/スペインのグルメストア、二子玉川ライズに日本1号店

マヨルカ・ジャパンは4月24日、東急田園都市線二子玉川駅前の商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」に、スペインのグルメストア「Mallorca(マヨルカ)」をオープンする。

<Mallorca(マヨルカ)>
Mallorca(マヨルカ)

マヨルカは、スペインのマドリードを拠点に11店を展開し、店内加工の総菜、ベーカリー、加工食品を販売し、カフェも併設する老舗グルメストア。

<店内全景>
店内全景

スペインでも珍しい食の複合業態で、基本的には、食物販と飲食店をミックスした形態で運営する。スペイン王室のパーティーケータリングやレアルマドリードのVIPラウンジへのケータリングなども手掛けている。

<ベーカリーコーナー>
ベーカリーコーナー

日本では、東京都内でレストランを営むウェイブズと協力し、合弁会社マヨルカ・ジャパンを設立した。

<総菜コーナー>
総菜コーナー

二子玉川ライズ店の店舗面積は約50坪で、店内加工のデリカテッセン、パナデリア(ベーカリー)、パステリア(スイーツ)を販売。マーケットでは、ジャムや調味料のほかワインなどの加工食品を販売する。

<スイーツコーナー>
スイーツコーナー

商品構成比は、デリカテッセン、ベーカリー、スイーツ70%、加工食品30%。想定客単価は1000円で、月商で3000万円を目標とした。

<カフェテリアを併設>
カフェテリアを併設

そのほか、カフェテリアを併設し、店内で購入した商品をその場で楽しむこともできる。客席数は店内12席、施設共用のテラス席24席を設けた。

<カフェテリアカウンター>
カフェテリアカウンター

カフェテリアでは、朝はパンデラカサとオーダー毎に焼きあげたトルティージャ。昼は、タパス数種とメインディッシュでボリュームのあるランチを提供。夜は、プチフールやトリハスなどスペイン料理を提供し、アルコールのニーズにも対応する。

<多代社長>
多代社長

マヨルカ・ジャパンの多代圭悟社長は「家庭の食卓をハレの気分にする食品を提供するのがマヨルカだ。何かちょっといいものが食べたいという時に、マヨルカを思い浮かべてもらえるように、自分たちのブランドとスタイルを伝えていきたい」と語る

<会計用の板>
会計用の板

店内はベーカリー、総菜、スイーツ、加工食品などの部門が分かれているが、各部門ごとの会計を1枚の板にまとめて、最後に一括会計する方式とした。日本ではなじみのない会計方式だが、スペイン本国と同じ店舗オペレーションを採用する。

<加工食品コーナー>
加工食品コーナー

スペイン本国のマヨルカの店舗面積は80~100坪で、二子玉川ライズ店は小型店となった。日本での店舗展開は、20年間の独占契約を締結しており、10年で標準となる複合店舗を10店程度、出店する予定だ。

<ワインコーナー>
ワインコーナー

マヨルカのブランド認知度が向上すれば、ベーカリーのみ、スイーツのみ、カフェのみといった小型店も展開する予定で、小型店は20店程度を想定する。

<入口は2か所でレジは各入口に配置>
入口は2か所でレジは各入口に配置

出店候補地として、品川、東京、自由が丘、渋谷、横浜など、通行量の多い場所を検討している。多代社長は「テイクアウトにも対応するが、できたての物を店舗で楽しんでもらうのがひとつのブランドの特徴だ。1号店でしっかりとブランドイメージを確立し、2号店、3号店へつなげていきたい」と語った。

<店内ディスプレイ>
店内ディスプレイ

店舗概要
所在地:東京都世田谷区玉川1-14-1
二子玉川ライズS・Cテラスマーケット2階
営業時間:8時~23時
定休日:施設に準じる

■マヨルカ
http://www.pasteleria-mallorca.jp/

<店内>
店内

店内

店内

店内

店内

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧