小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

高島屋、オンワード/共同でオムニチャネルプロジェクトを推進

高島屋とオンワードホールディングスは9月9日、店舗とインターネットショップを融合させるオムニチャネル戦略を推進するための共同プロジェクトを実施すると発表した。

秋から、高島屋で展開しているオンワード樫山のショップにタブレット型PC端末を導入。店頭で取り扱いの無い商品や欠品している商品などを端末を使用し、既にオンワードのEC在庫と連動させている、高島屋のグループ会社が運営するファッション通販サイト「セレクトスクエア」から購入する「タブレット接客」を開始する。

「タブレット接客」のメリットは、店舗在庫とEC在庫を合わせた全ての商品バリエーションのなかから好みの一着を客に進めることができ、豊富なEC在庫を活用することで店頭欠品の際の売り逃しを防止できる点にある。

デジタル商品カタログとしてコーディネート提案や着まわし方法などをビジュアルで紹介でき、宅配による利便性もある。

接客サービスというリアル店舗の強みと、豊富な在庫というネットショップの強みを融合させることで、お客のニーズにより対応する。

「タブレット接客」は今夏、一部の高島屋店舗でトライアルを実施し、お客のニーズが十分にあるとの判断し、正式導入を決めた。

9月9日から、高島屋新宿店と高島屋横浜店の「23区」「組曲」「ICB」「自由区」「J.プレス(レディス)」のレギュラーサイズ・Sサイズ・Lサイズの各ショップに導入し、2016年春からは他の高島屋店舗へも拡大する予定だ。

店舗で「タブレット接客」を通じて商品を購入したお客には、高島屋ギフトカードのプレゼントやオンワードメンバーズの店頭購入ポイントを付与するなどインセンティブも用意する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧