小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三菱商事、ローソン/家庭向け電力小売事業へ参入

三菱商事とローソンは12月25日、4月からの電力小売の全面自由化に向け、共同で家庭向け電力小売事業に参入すると発表した。

共同事業の新会社「MCリテールエナジー(仮)」が、経済産業省資源エネルギー庁へ小売電気事業者の登録申請をした。MCリテールエナジー(仮)の資本金は2億5000万円で、出資比率は三菱商事84%、ローソン16%。

新会社を通じて、一般家庭と小規模事業所などを対象として、首都圏を中心に2016年2月から予約受付開始、同年4月から電力供給開始を予定する。コンビニが事業者として家庭向け電力小売事業に参入するのは業界初という。

新会社は、関東圏で、地域に密着した、あんしん、うれしい、わかりやすい電力サービス「まちエネ」(商標出願中)を提供する。

関東圏に約4000店舗を有するローソンの店頭やネットワークなどを通じて、サービスの告知を行う。お得で選びやすい独自の料金プランや電気使用料に応じてPontaポイントが貯まる特典などを検討している。

三菱商事は、国内外において発電から小売までを含めた電力事業の豊富な実績を備えており、今後も基盤拡大を目指す。

ローソンは、地域のインフラとしてお客の便利な生活のサポートの1つとして電力事業に参入するという。

■まちエネHP
http://www.machi-ene.jp

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧