メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

エースコック/“おいしい減塩カップめん”「かるしお認定」シリーズ発売、国循と連携

2015年02月02日商品

エースコックが2月2日にリニューアル発売したカップ麺シリーズが、国内最先端の循環器病医療研究機関から、「おいしい減塩食」としてのお墨付きを得た。

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は2日、エースコックの"減塩カップめん”シリーズに対し、食生活の改善につながる減塩食品であることを示す「かるしおマーク」の表示を認めると発表した。

<商品発表会に駆けつけた妙中義之・国立循環器病研究センター研究開発基盤センター長(左)と、エースコックの村岡寛社長(右)>
商品発表会に駆けつけた妙中義之・国立循環器病研究センター研究開発基盤センター長(左)と、エースコックの村岡寛社長(右)

「かるしお認定」は、減塩に加え、「味、コク、どういったビジネス展開をしていくか」(国立循環器病研究センター研究開発基盤センター長の妙中義之氏)といった複数の基準をクリアした食品のみに、国循がマークの表示を認める制度で、昨年11月14日にスタートした。

今回、「かるしおマーク」の表示を許されたエースコックの「かるしお認定 だしの旨みで減塩」シリーズは、同認定を受けた初の加工食品となる。

<「かるしお認定 だしの旨みで減塩 鶏炊きうどん」40g(めん30g)、113円(税別)>
「かるしお認定 だしの旨みで減塩 鶏炊きうどん」40g(めん30g)、113円(税別)

新シリーズは、2013年に新発売した「だしの旨みで減塩」シリーズを改良したもので、塩分を3割カットしている。塩を“軽め”に使うからこそ、ダシの風味が引き立つとの考えのもとで開発した。

一方、減塩商品の市場が伸び悩む中、脳卒中といった循環器病の予防を目的に、人々の食生活を改善するべく、国循は新しい減塩のコンセプトとして「かるしお」を提唱してきた。塩を軽く使って素材やダシの旨みを引き出すという考え方は、エースコックの開発方針とも重なるものだ。

国循が出版した「かるしお」のレシピ本がヒットするなか、「だしの旨みで減塩」シリーズの風味の改良などを模索していたエースコックが同センターとの連携を図り、リニューアル品の開発に至ったというのが経緯だ。

減塩市場を活性化したいとの国循の思惑と、おいしい減塩商品を出したいとのエースコックの思惑が一致したという。

■商品概要
商品名/容量:「かるしお認定 だしの旨みで減塩 鶏炊きうどん」/40g(めん30g)、「同 小海老天そば」/38g(めん30g)、「同 中華そば」/37g(めん30g)
価格:113円(税別)

商品名/容量:「タテ型 かるしお認定
だしの旨みで減塩 中華そば」/61g(めん50g)、「同 野菜タンメン
」/63g(めん50g)
価格:180円(税別)

この記事をシェアする

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方