メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ピエリ守山/目標年商150億円、体験型施設で差別化訴求

サムティは12月17日、滋賀県守山市に商業施設「ピエリ守山」をオープンする。15日、報道関係者向けに内覧会を開催した。

<ピエリ守山>
ピエリ守山

ピエリ守山は2008年に約200店の商業施設で開業したものの運営会社の破綻などもあり、今年2月に全面リニューアルのために休館していた。

<館内>
館内

店舗面積は約4万4000㎡で旧店舗とほぼ同様の規模を維持。開業当初は約110店でオープンし、来春までに約140店で営業する。駐車台数は約3000台で、目標年商は150億円とした。

<OLD NAVY>
OLD NAVY

リニューアルコンセプトは、「琵琶湖パワースポット」で、海外ファストファッションを中心としたアンカーテナントの強化、ヤングファミリーへの訴求、体験型施設の導入による差別化を行った。

商圏設定は、同心円ではなく、独自の見方で設定。基本商圏は車で約20分圏内を対象とした。滋賀県初出店も多い、外資系ファストファッションは滋賀県全域を商圏とした。

施設外観は、従来の「琵琶湖に浮かぶ船」のイメージから、「存在感と温かさ」が感じられる外観に変更。5か所のエントランスを増設し、目的のショップに行きやすいように施設動線を改善した。1階はメイン動線を2本、2階はメイン動線を3本に追加し、買い回り、回遊性を追求した。

関西初出店となる「OLD NAVY」、「H&M」、「GAP/GAP Kids」、「Bershka」、「Stradivarius」と「ZARA」を加えた高感度海外ブランド大型店を核店舗として、合計で、関西初出店10店、滋賀県初出店42店をそろた。

室内外に大型の植栽を配置して環境を整備し、やすらぎの空間を演出。子どもづれに配慮したフードコートを目指し、キッズスペースを併設。テーブル席から子どもを見ながら食事ができる工夫をした。

琵琶湖湖岸という自然豊かなロケーションを活かし、アウトドアライフをコンセプトにした体験型付帯施設を併設。旧駐車場用地を3面のフットサルコートに変更。来春にはバーベキュー施設を併設する。

来春を目途に、アスレチック施設として「びわこスカイアドベンチャー」(仮称)をオープン。高さ4mと8mのアスレチックコース、琵琶湖を眺めながら滑走するジップライン、8mの高さからダイブするミニジャンパーを設置する。

そのほか、体験型テナントとして、本物のライオン・ワニ・ナマケモノ、ヒヨコ、ウサギなどを配置した、めっちゃさわれる動物園を導入した。

リニューアルにあたり、クレジットカード機能を持つ「PIERI CARD」の募集を開始する。入会金無料、初年度年会費無料(次年度以降1250円)のカードで、200円の利用につき2ポイントを付与。毎週月曜日、水曜日にポイント2倍デーを実施するほか、年回で12日間のポイント5倍デーを計画する。

車で約20分圏内の基本商圏のお客をポイントカードで囲い込み来店頻度を高める。外資系店舗を中心に低めのプライスラインの設定で、幅広い客層の来店を促し、体験型施設の利用者の固定化を狙う。

守山市の観光客が増加する夏場は特に、広域からの集客も期待でき、超広域商圏からの集客も可能とみている。

目標年商は、旧店舗の実績数値を加味しながら、積み上げた数値で、固めの数字とした。ピエリ守山本来の商業施設としての魅力を訴求し、より高い売上を目指したいという。

施設概要
所在地:滋賀県守山市今浜町2620-5
店舗面積:約4万4000㎡
店舗数:約140店舗
駐車場台数:約3000台
運営会社:双日商業開発
営業時間:物販10時~21時、飲食11時~22時

■ピエリ守山
http://pieri.sc/

関連キーワード:

この記事をシェアする

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方