小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

H2O/4~9月、百貨店事業好調で営業利益5%増

エイチ・ツー・オー リテイリングが10月31日に発表した2018年3月期第2四半期の連結決算は、売上高4320億円(前年同期比0.4%減)、営業利益69億7800万円(5.4%増)、経常利益83億9300万円(63.9%増)、純利益57億3900万円(12.4%減)となった。

売り上げ面は、堅調な国内需要に加え、外国人観光客の増加でインバウンド売上も好調に推移した阪急うめだ本店を中心に、百貨店事業がグループ全体を牽引した結果、不採算店舗の閉鎖やイズミヤの建て替え工事の影響があったものの、連結売上高は微減に留まった。

利益面は、経常利益では、為替予約評価益の計上や受取配当金の増加などにより大きく増益。純利益については、前期に土地売却益を計上したこともあり、減益だった。

2018年3月期通期の連結決算は、売上高9150億円(前期比1.5%増)、営業利益227億円(0.7%増)、経常利益231億円(6.3%増)、純利益145億円(1.4%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧