メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アサヒ/IoT技術を活用した自販機による見守りサービスの実証実験を開始

2017年05月23日経営

アサヒ飲料は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下NICT)と共同で、「見守り」、「交通安全」や「観光案内」といった様々な地域貢献型のIoT(Internet of Things)サービスの提供に向けた実証実験を6月より墨田区で順次開始する。

NICTが開発したWi-SUN対応のIoT無線ルータと当社が展開する自動販売機を活用。墨田区内に設置しているアサヒ飲料の自動販売機の中の約100台にIoT無線ルータを搭載し、自動販売機が無線による情報中継拠点ないしは情報発信拠点となる地域ネットワークを構築する。

その上で、ある自動販売機の近隣で発信された無線センサーやビーコン端末からの情報が、自動販売機ネットワークによって離れた場所でもスマートフォンなどで受信可能かを検証する。

子供や高齢者にビーコン端末を携帯させ、その家族らがおおよその位置情報を含む子供や高齢者の活動状況をスマートフォンやパソコンで確認可能となるなど、見通しが悪く飛び出し事故の多い交差点付近を走っている子供の存在を、いち早く通りかかる車両に通知する交通安全サービスの提供が期待できるという。

また、観光スポットや店舗にIoT無線ルータを設置することで、地域を訪問中の観光客に対してリアルタイムな周辺の観光情報やお得な情報等をスマートフォンに届けることなどが構想されている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方