流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブンイレブン/「大豆ミート・バター」使用した弁当、パンなど11品

2020年08月21日 14:00 / 商品

セブン‐イレブン・ジャパンは8月25日、大豆の加工品を原材料として使用したオリジナル商品全11品を、全国に先駆けて九州7県で発売する。

<「大豆ミート・バター」使用した弁当、パンなど11品>
「大豆ミート・バター」使用した弁当、パンなど11品

牛や豚など家畜の飼育には飼料や水資源を多く使用し、二酸化炭素を多く排出する。今後、世界の人口が増加し、環境負荷の低減に取り組む中、畜肉に代わりうる原材料の活用が進んできた。その中でも特に「大豆ミート」については、持続可能な調達が可能な食材として期待されている。また、大豆は栄養価が高く、植物性たんぱく質が手軽に摂れる食材のひとつとしても近年注目されている。

今回、おにぎり、パン、弁当、惣菜など幅広いカテゴリーでラインアップ。「大豆ミート」を使用した商品は、おにぎり、調理パン、弁当、麺、惣菜のカテゴリーで8品、「豆乳クリームのバター」を使用した「SOY BREAD」は、「クロワッサン」、「くるみパン」、「ソルトリング」の3品がそろう。

「キーマカレーおむすび大豆ミート使用」(税別120円)、「大豆ミートバーガー レタス&チーズ」(328円)、「大豆ミートバーガー てりやきたまご」(320円)、「大豆ミートドッグ チリソース」(238円)、「大豆ミートハンバーグのロコモコ丼」(498円)、「冷しごま豆乳担々麺大豆ミート使用」(460円)、「さっぱり仕立ての春雨サラダ大豆ミート使用」(198円)、「お豆のトマトスープ大豆ミート使用」(298円)を順次発売する。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧