メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

J.フロント/台湾のPLAZA事業から撤退、特別損失3億4800万円

2016年12月27日店舗 海外 経営

J.フロントリテイリングは12月27日、台湾でのPLAZA事業から撤退し、子会社JFR PLAZAを解散・清算すると発表した。

JFRプラザは、2012年8月に自社と持分法適用関連会社スタイリングライフ・ホールディングスとの共同出資で台湾で設立された。

日本を代表する雑貨ショップである「PLAZA」の編集力を軸に、日本で流行の生活雑貨の提案や高品質な日本製品の提供に取り組んでいた。

しかしながら、業績は、設立以降当初の目標を下回っており、商品構成の見直しや経費の削減など種々の施策を実施したにもかかわらず、営業赤字が継続していた。競合環境が激化する中、今後も黒字化は困難であると判断した。

2017年2月期第3四半期連結決算で、同社解散に係る損失見込額3億4800万円を特別損失に計上した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方