メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大阪三菱ビル/建替えでオフィス・ホテル・商業の複合施設に刷新

2021年01月25日店舗

三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、三菱UFJリースは1月25日、大阪市北区において、「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」を実施すると発表した。

<(仮称)大阪三菱ビル建替え計画>
20210125m1 728x617 - 大阪三菱ビル/建替えでオフィス・ホテル・商業の複合施設に刷新

同計画は、2020年4月に都市計画決定を受けており、新築工事着工は2021年10月、竣工は2024年4月の予定となっている。

長らく地域のシンボルであった「大阪三菱ビル」を、その地域性、歴史性を踏まえ、周辺の水辺空間と一体となった水都大阪の新たなランドマークを目指し、地上32階、延床面積約6万6000m2のオフィス・ホテル主体の複合ビルへ建て替えるもの。

18階~31階のホテルゾーンには、唯一無二の4つ星ホテルを掲げるカンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(以下:カンデオホテルズ)のフラッグシップホテルが出店、施設の1・2階には店舗、3~15階はオフィスがオープンする。

<オフィスゾーンは総貸室面積約2万2700m2>
20210125m2 728x410 - 大阪三菱ビル/建替えでオフィス・ホテル・商業の複合施設に刷新

オフィスゾーンは、総貸室面積約2万2700m2、基準階面積約1760m2の高規格オフィスを整備。低層部には店舗に加えて、保育施設、健康増進施設、運動支援施設がそろう。

16階の眺望テラス空間、計画地南側で再整備予定の堂島公園により、働くだけの場所ではなく、都市型のライフスタイルを支援する付加価値の高い環境、ポスト・コロナ時代におけるWell Being(健康、快適、便利)なワークプレイスの提供を目指す。

<カンデオホテルズが出店>
20210125m3 728x514 - 大阪三菱ビル/建替えでオフィス・ホテル・商業の複合施設に刷新

また、ホテルゾーンは、最上階31階に大阪が一望できるスカイスパを備えた、カンデオホテルズのフラッグシップホテル(548室)が出店。客室は18階~31階に位置し、全ての客室から大阪市内の眺望を楽しめるという。

<大阪市内の眺望を楽しめる客室>
20210125m5 728x514 - 大阪三菱ビル/建替えでオフィス・ホテル・商業の複合施設に刷新

<周辺地図>
20210125m4 - 大阪三菱ビル/建替えでオフィス・ホテル・商業の複合施設に刷新

■(仮称)大阪三菱ビル建替え計画
所在地:大阪市北区堂島浜1-1-5(住居表示)
アクセス:京阪中之島線「大江橋」駅 徒歩2分
大阪メトロ・京阪本線「淀屋橋」駅 徒歩4分
敷地面積:3571.88m2
延床面積:約6万6000m2
主要用途:事務所(3~15階)、ホテル(17~31階)、店舗(1、2階)、駐車場(地下2階)
階数:地上32階地下2階 塔屋1階
構造:S造、地下一部SRC造
建築主:オーエム4特定目的会社
※三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、MUL リアルティインベストメントが出資するTMK
プロジェクトマネジメント業務受託者:三菱地所
解体工事施工者:竹中工務店
設計監理者:三菱地所設計・竹中工務店設計監理共同体
解体工事着工:2020年2月15日
新築工事着工:2021年10月(予定)
竣工:2024年4月(予定)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年03月09日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方