メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ワンダーテーブル/デリバリー専門店「短角和牛専門店 TANKAKU BURGER」出店

2021年09月29日店舗

ワンダーテーブルは10月1日、東京・元麻布にデリバリー専門キッチンを構え「短角和牛専門店 TANKAKU BURGER」をオープンする。

<商品の一例>
20210929wander 728x397 - ワンダーテーブル/デリバリー専門店「短角和牛専門店 TANKAKU BURGER」出店

現在、東京都内を中心に複数ブランドのレストランを経営しており、元麻布エリアには既存店舗の利用客も多い。そこで、デリバリー専門店としてファストフードにはない付加価値のあるブランドを低コストで手軽に楽しんでもらうため、デリバリー専門キッチンを構える。第1弾として、「短角和牛専門店 TANKAKU BURGER」をオープンする。

また、食のサステナビリティの取り組みの一つとして、国内流通において最も希少なプレミアム和牛「いわて山形村短角牛」の子牛を委託飼育し、自社のレストランにて提供する取り組みを行っている。「いわて山形村短角牛」は放牧による自然交配によって健康的に育てるため、圧倒的な生産量の黒毛和牛より労力が掛かることから、最近では飼育を諦める生産者が増えている。この素晴らしい日本の伝統和牛の生産者を後世にも継承させたいと考え、数年前から委託飼育して実際に使用することに努めている。

そこで、より多くの人に気軽に「いわて山形村短角牛」の魅力を楽しんでもらえるよう、他にはないこだわりを詰め込んだ唯一無二のハンバーガーを開発し、元麻布のデリバリー専門キッチンで販売する。

ハンバーガーは、プレミアム和牛「いわて山形村短角牛」を、和牛らしく柔らかく、甘い肉汁たっぷりのパテに仕上げ、ソースは国産野菜を使用した癖になる特製バーガーソースを3種類用意した。その他に、独自性のあるトリュフバーガー、BBQブルドビーフバーガー、大豆ミートを使用したベジタブルバーガーや、期間限定のゲストバーガーとして、自社の各レストランシェフがプロデュースするオリジナルバーガーも販売する予定だ。

「短角バーガー」税込1500円 、「ダブル短角バーガー」2300円、「トリプル短角バーガー」3200円を販売。短角バーガーは、「茨木県産パプリカとニンニク トマトアーモンドソース」「高知県産ゆずとアボカド 青唐辛子ソース」「特製BBQソース」の3種類から好きな特製バーガーソースを選べる。そのほか、「ベジタブルバーガー 」1300円 、「BBQプルドビーフバーガー」2000円、「トリュフバーガー」3000円を販売する。

今後は、元麻布のデリバリー専門キッチンの出店を足掛かりに、都内で拠点を増やす計画だ。また、デリバリー専門キッチンとしては、近日中に、他店と差別化されたブランドを4~5ブランド展開する予定だ。

■短角和牛専門店 TANKAKU BURGER
所在地:東京都港区元麻布2-1-20有栖川ナショナルコート
地下1階
営業時間:11時~21時
定休日:不定休

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方