小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ、キリン/関西エリアで共同配送、鉄道へのモーダルシフト推進

アサヒビールとキリンビールは7月27日、環境負荷の低減とトラック不足などの社会的課題の解決を目的に、石川県金沢市に共同配送センターを開設、関西エリアの工場からの鉄道コンテナによる共同輸送を開始する、と発表した。

新たに開設する配送センターは日本通運が運営し、両社の製品を管理する。配送は両社の物流子会社が行う。

配送センターまでは、アサヒビール吹田工場・キリンビール神戸工場で製造した製品を、日本貨物鉄道が、関西~北陸間の往復輸送量の差により発生する空コンテナを有効活用し、鉄道で輸送する。

2017年1月から石川県における配送を開始し、2017年秋からは富山県へとエリアを拡大する。

対象商品は、ビール類、ノンアルコール・ビールテイスト飲料、RTD、清涼飲料水。

両社はこれまで愛知県・滋賀県にある工場から届け先まで、200~300㎞のトラック配送を行ってきたが、ドライバー不足などにより、現行のトラック配送に替わる新たな物流体制の構築推進が共通課題となっていた。

また、地球規模で問題となっている二酸化炭素(CO2)をはじめとする温暖化ガスの削減は、各企業が最優先で取り組むべき課題とされている。

今回の協業を通じて、年間1万台相当の長距離トラック輸送を鉄道コンテナにモーダルシフトし、年間約2700tのCO2削減を実現する見込み。

■配送センター概要
名称:アサヒビール金沢配送センター/キリン金沢物流センター(仮称)
住所:石川県金沢市専光寺町イ54 日通専光寺物流センター内
面積:敷地5000坪、建物1200坪(倉庫3棟のうち1棟)

関連記事

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧