小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

味の素/ミャンマーで「味の素」の生産(包装)・販売を再開

味の素は3月10日、ミャンマーでうま味調味料「味の素」の生産(包装)・販売を再開する、と発表した。

2016年2月にヤンゴン管区のティラワ経済特区内に新会社を設立した。今後、生産(包装)工場を建設し、2017年9月より「味の素」の生産(包装)・販売を行う予定。

新会社名はミャンマー味の素食品社、資本金は1000万米ドル(約12億円)。

新会社では、2016年10月に包装工場の建設を開始し、2017年9月の完工と同時にヤンゴンとマンダレーの2都市から販売を開始する。

今後、販売エリアの拡大を進め、将来的にはミャンマー全土での展開を図る。アセアンで確立した現金直売ノウハウを活用するとともに、マーケティング活動を強化することで、2020年度に売上高約30億円を目指す。

同社は、1996年にヤンゴン市にミャンマー味の素工業社を設立。「味の素」の生産(包装)・販売を行っていたが、事業を取り巻く環境の変化により、2000年4月に事業活動を停止した。

2011年以降ミャンマーでの経済開放政策が進んだことを受け、2012年よりタイ味の素社から「味の素」を輸出しミャンマー国内で販売を行っている。

そして、2014年2月に施行された経済特区法、2015年5月に施行されたヤンゴン管区のティラワ経済特区指針により、ミャンマーにおける事業再開の目途が立ち、準備を進めてきた。

■ミャンマー味の素食品社 概要
所在地:ミャンマー連邦共和国ヤンゴン管区ティラワ経済特区内
設立時期:2016年2月
代表者:社長 小川智
資本構成:味の素アセアン地域統括社90%、タイ味の素社10%
事業内容:うま味調味料「味の素」の生産(包装)・販売
建物:延床面積5250平方m(2階建て)、うち製造エリアの延床面積615平方m

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧