流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ラオックス/中国のビーチリゾート海南島に日本製品セレクトショップ初出店

2022年01月12日 14:55 / 海外

ラオックスは1月12日、中国・海南島において、現地合弁会社「海南ラオックスサプライチェーン管理有限公司」を通じて、日本製品を取り揃えるセレクトショップ「LAOX SELECT 海南店」をオープンしたと発表した。

2021年12月28日にオープンしたもので、ラオックスグループが海南島に出店するのは今回が初めて。

<LAOX SELECT 海南店>
LAOX SELECT 海南店

店舗は中国最南端の人気ビーチリゾート地・海南島の中心エリア三亜市に位置する大型ショッピングモール「海旅免税城」内への出店となる。上海(緑地全球商品貿易港店、カルフール店)、済南に続く、中国4店舗目となるセレクトショップとして、海南島居住者や中国本土からの観光客に向けて、約600の日本ブランド商品を取り揃え、実店舗とライブコマースで販売する。

現在、「LAOX SELECT 海南店」は免税店ではないが今後、ライセンスが取得でき次第、免税店へと業態変更する予定だ。

店内は「日本の和」をテーマにした空間デザインを施し、日本式のきめ細やかなおもてなしを提供する。中国のお客から人気の高い、日本酒やウイスキー、食品、化粧品、トイレタリー、小型家電、食器、玩具、文房具など、幅広いラインナップで展開するほか、日本文化にも親しんでもらえるよう、着物を羽織って写真撮影ができる体験型スペースも用意する。

<店内>
店内

海南島は、中国政府から2025年までに島内全域を関税ゼロの貿易拠点とし、貿易の自由化を実現する計画「海南自由貿易港建設総体方案(2020年6月)」が発表され、輸入促進や消費拡大が期待されている地域となっている。

コロナ禍を経て、中国では海外消費から国内消費への回帰が進んでおり2020年7月から2021年6月末までの海南島での免税対象購入金額は前年同期比3倍の468億元、観光客は同2倍の628万人と大幅に増加している。

ラオックスグループは、「LAOX SELECT 海南店」の出店を機に、海南島におけるBtoB、BtoCの日本製品のメインサプライヤーとして、島内における販路浸透・開拓ならびに日本メーカーの海南島進出支援を強化し、将来の免税事業展開に向けた基盤づくりに取り組む。また、中国大手広告代理店のHylinkと共同で、中国版TikTok「Douyin(抖音/ドウイン)」プラットフォーム上でライブコマースを実施し、オンラインでの販売拠点も構築する。

■LAOX SELECT海南店
所在地:中国海南省三亜市海旅免税モール地下1階
営業時間:10時~22時(中国時間)
売場面積:約200m2

関連記事

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧