小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

エコス/2月期は売上高0.8%減、営業利益12.5%増

エコスが4月12日に発表した2013年2月期決算は、売上高1077億7300万円(前年同期比0.8%減)、営業利益16億900万円(12.5%増)、経常利益15億5100万円(15.6%増)、当期利益5億9100万円(36.0%増)となった。

店舗開発では、エコスにてTAIRAYA武蔵境店、TAIRAYA宝珠花店、子会社としてはたいらやにて川田店の3店を新設する一方、2店舗を閉鎖した結果、期末のグループ店舗数は、103店となった。

店舗運営面においては、既存店の活性化や震災に伴う修繕等のリニューアル改装を推進した。安心・安全、新鮮で美味しい商品の提供、地域の実勢価格を丁寧に見極め集客につながる商品を割安感のある価格(エブリディロープライス)で投入した。

働く女性や中高年層のお客、東日本大震災以降に意識が高まった省エネ志向の消費者にお応えする簡便商品や惣菜商品の強化などに努めた。

ポイントカードを活用した販売促進や週間の販売計画に連動した売場づくりを強化し、集客の拡大に努めた。

来期は、売上高1090億円、営業利益16億5000万円、経常利益16億円、当期利益6億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧