流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ベスト電器/2月期の売上高26.9%減、営業損失33億円

2013年04月12日 17:49 / 決算

ベスト電器が4月12日に発表した2013年2月期決算によると、売上高は1912億8700万円(前年同期比26.9%減)、営業損失33億1100万円(前期は25億6300万円の営業利益)、経常損失35億7900万円(前期は20億600万円の経常利益)、当期損失173億4700万円(前期は5億8900万円の当期利益)となった。

家電小売業は、家電エコポイント制度やアナログ停波など、業界に特需をもたらした政策の終了の反動により、売上高は1584億6000万円(前期比24.7%減)と減収となり、営業損失は20億5000万円(前期は営業利益37億9300万円)となった。

家電卸売業は、家電小売業と同じ要因により、売上高は279億5600万円(前年同期比37.9%減)となり、営業利益は8億2300万円(22.0%減)と減収減益となった。

来期は、売上高1926億5200万円(0.7%増)、営業利益30億9900万円(-)、経常利益37億7100万円(-)、当期利益32億8600万円(-)を見込んでいる。

関連記事

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧