小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コメリ/4~9月は売上高0.7%増、営業利益3.8%減

コメリが10月25日に発表した2017年3月期第2四半期決算は、売上高1705億7300万円(前年同期比0.7%増)、営業利益108億400万円(3.8%減)、経常利益106億6600万円(3.2%減)、当期利益69億1000万円(2.0%減)となった。

重点的に取り組んできたEDLP(エブリデイ・ロー・プライス)政策は、「金物・資材・建材」分野を中心に販売実績が堅調に推移したが、8月に夏物商材が低調に推移したことや、9月にたて続けに上陸した台風の影響で客数が減少したことにより、売上高が伸び悩んだ結果、増収・減益となった。

一方で、坪当たり売上高の効率化のため、パワー、ホームセンター、ハードアンドグリーンの各店舗フォーマットのモデル店を構築し、新店と既存店への水平展開を図る環境整備を行った。

ローコストオペレーションの更なる強化により、店舗運営と経営全体の効率化による経費削減を図った。

グループのカード事業は、カード会員数が180万人を突破、うち昨年7月から発行を開始したプリペイドカード「アクアカード」の会員数も約70万人となり、堅調に推移した。

通期は、売上高3390億円、営業利益190億円、経常利益185億円、当期利益100億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧