メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

上新電機/2018年3月期、利益面を上方修正

2017年11月13日決算

上新電機が11月10日に発表した2018年3月期第2四半期の連結決算は、売上高1866億100万円(前年同期比3.7%増)、営業利益44億3300万円(1.1%減)、経常利益44億5500万円(0.9%減)、純利益25億1000万円(10.9%減)となった。

新商品の人気などから同社グループが強みとするホビーの部門において、ゲーム機の売上増が業績に寄与したが、増収減益だった。

店舗展開は、店舗力の強化と投資効率の改善を目指して、神戸南イオンモール店(兵庫県)をはじめ6店舗の出店を行うとともに3店舗を撤収した結果、9月末の店舗数は230店舗となった。

第2四半期までの連結業績は、純利益を除いて、売上高、営業利益、経常利益はいずれも計画を上回った。通期の連結業績予想は、第2四半期までの実績と、足許の消費動向、今後想定される商品の販売予測等の要因を踏まえ、上方修正した。

2018年3月期通期の連結決算は、売上高3850億円(前期比2.8%増)、営業利益は前回予想比6億円増の96億円(20.3%増)、経常利益が6億円増の96億円(19.2%増)、純利益は2億5000万円増の55億5000万円(6.9%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方