メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アサヒ/1~3月、国際事業好調で営業利益81%増

2018年05月08日決算

アサヒグループホールディングスが5月8日に発表した2018年12月第1四半期の連結決算は、売上収益4420億9200万円(前年同期比16.6%増)、営業利益248億400万円(81.8%増)、四半期利益145億4700万円(約5.3倍)となった。

売上面では、ビール類の販売数量の減少、チルド飲料事業売却の影響を、食品事業、欧州・オセアニアが好調な国際事業がカバーした。

利益面は、酒類事業の広告販促費の効率化、飲料事業のサプライチェーン全体の見直しによる最適生産・物流体制の推進、好調な食品事業、国際事業により増益となった。

2018年12月期通期の連結決算は、売上収益2兆1400億円(前期比2.6%増)、営業利益2000億円(9.2%増)、当期利益1423億円(2.5%増)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方